京都を中心に活動するニット・アーティストatricot(アトリコット)のHPです。ニット作品やオリジナル手紡ぎ糸、ニットカフェ、レッスン動画、羊や糸紡ぎなどについて紹介しています。

atricot×knit ときたま羊
atricotのニット活動と、TJWK関西の情報を中心に、ぽろぽろと日々のことも。
<< 再び「独りワークショップ」と、新しくはじめた「みんなでワークショップ」 | main | atricot掲載情報などなど >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


atricot作品集

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
魔法の1本針にそそられないわけ
譜面立て先週、新たに秘密兵器(?)を買いました。
譜面立てです。












もちろん、アコーディオンを弾くときに使います。
でもね、ふと思いついたんです。別の使い方を。
譜面立てこんなかんじで設置します。そう、横は編み機です。
編み機で作品をつくるとき、メモリーシートが見づらくてずっと不便だったんですよ。

あ、メモリーシートは何段目で何をするという作業表です。まっすぐ編むわけじゃないので、必ずメモリーシートに操作を書き込んでから編み機を使います。



それまでどこに置いても不自然な姿勢で見ないといけなかったんですが、これならラクちん!
革命的に便利ですよー!

うん、なんとなく他にも使い道がありそうなアイテムです。
と言っても今は思いつかないですが(笑)

さてさて、今週変わったことと言えば、ニットをやってるのに今まで1度もやったことのなかった「魔法の1本針」について。

かぎ針みたいなんに紐がついた、専用の針で編む技法です。

譜面立てこんな針です。


ヴォーグに通ってる方ならやったことがあると思いますが、ノータッチだった私は一体これでなにをできるのかさっぱり・・・

一応、資格講習の一環なので、先日初めて挑戦したのでした。

「魔法の1本針」というネーミングもなんかすごいですが(笑)これのどこが魔法なのかというと…

この針1本で、棒針編み、かぎ針編み、アフガン編みができてしまうらしい。
つまり1枚の編み地にいろんな技法が詰め込めるわけです。
そして、棒針編み、かぎ針編み、アフガン編みには、それぞれのメリットが活かすことができるわけです。
と言われてもピンと来る方も少ないと思うので、それぞれのメリット・デメリットというものを簡単に書いてみます。あくまで私的な意見なので、「そうじゃない!」と思う方もいらっしゃるかとは思いますが・・・

棒針のメリット→伸縮性がある。薄い編み地ができる。アラン編み、透かし編み、編みこみなど多様な模様がつくれる。テクニックの奥深さはピカイチ。(これはメリットか微妙なところ)
棒針のデメリット→面を編むのには適しているが、立体を編んだり、円形に編むのにテクニックがいる。常に複数の目が針にかかっている状態なので、ほどくのがめんどくさい。

かぎ針のメリット→立体や、円形が簡単に編めるので、帽子やかばんなどの小物や複雑な形でも編みやすい。棒針は最低でも2本の操作が必要だが、かぎ針は1本で済むし持ち運びもしやすい。ほどくのがラクちん。
かぎ針のメリット→伸縮性は棒針に比べるとあまりなく、厚地になりやすい。肩がこる(これは超私見(笑)

アフガン編みのメリット→織地のようなしっかりとした編み地になるので、立体物のかたちが出やすい。比較的簡単な技術で複雑そうな編み地ができる。
アフガン編みのデメリット→伸縮性がない。とにかく厚地。

こんなもんでしょうか。でもメリットとデメリットは紙一重なんですよね。アフガン編みで、全然書くことがなかったのは、私はアフガン編みのデメリットとされる部分が大好きだからなのです。その他、機械編みも然りで…

話を戻しますが、魔法の1本針は、前述のようなそれぞれのメリットのいいとこどりができます。
それぞれの模様を組み合わせるのはもちろん、立体も形成しやすい。しかも、1本の棒を握るだけで!
というのも、この技術は、難しい指使いができなくても、楽しめるようにと、身障者のために考案されたのが始まりだったそうです。

一瞬、「おー!すげー!」と思いました。
でも、やり始めるにつれて、違和感が…

だって、これってまず棒針、かぎ針、アフガン針をほぼ知ってることが前提のような気がする。記号図がまずややこしくって、見慣れてる人でないと受け付けなくなっちゃうんじゃないかな。。

魔法の1本針今編んでる編み地の記号図です。アフガン編みと似てます。
やることはそんなに難しくないんですけど、まず読むのが大変!

知らなくてもできることはできますが、3つの技法を組みあわせることによって、より複雑になってるし、先生もその複雑な編み地ができることをアピールされてました。テキストも然りで、模様編み記号の複雑さといったらすごいです。

結局のところ、アプローチが「誰でも簡単に楽しめる」という点からは、完全にかけ離れていますがな。そこにものすごい違和感を感じたのです。

まぁ簡単をつきつめると、同じ動きで編めるかぎ針でいいんじゃないかってなります。

新しいことが好きなので、編むこと自体は楽しいんですけどね〜

私みたいにテクニックおたくみたいな人にはいいかもしれません…でもそんなんやったら普及しないのでは?今のところ、これをオススメしたいなという生徒さんは1人もいません。それよりアフガン編みをやってほしいなー♪

などといろいろ合点がいかないところもあるのですが、課題のベストを編みはじめました。

まだまだやり始めたばかりなので、いつか魔法の1本針で編まれた、感動するようなすごい編み地に出会えることを祈りつつ、ぼちぼちと編んでます。

魔法の1本針上の記号図を編んでみたらこうなります。この編み地でベストをつくります。

魔法の1本針うーん。ぱっと見、いやいや良く見てもどんな編み方になってんのかさっぱりわかりませんねぇ。

てか、あんまりかわいくないな…そんな不必要に透けなくてもいいやんって気が…(笑)




atricot作品集

| - | 01:09 | - | - | はてなブックマーク - 魔法の1本針にそそられないわけ このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト

atricot作品集

| - | 01:09 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク