京都を中心に活動するニット・アーティストatricot(アトリコット)のHPです。ニット作品やオリジナル手紡ぎ糸、ニットカフェ、レッスン動画、羊や糸紡ぎなどについて紹介しています。

atricot×knit ときたま羊
atricotのニット活動と、TJWK関西の情報を中心に、ぽろぽろと日々のことも。
<< 【TJWK】オンラインカタログの撮影 | main | TJWK作品展示会@galeria*favoritaさん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


atricot作品集

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
【TJWK】TJWKブランケット展示会@sufiさん

sufiさんでの展示会終わりました☆ご報告が遅くなってすみません。
前回も書いたように撮影が終わってすぐ検品してsufiさんに送って、土曜日までちょっとのんびりできるかなって思ったら、なんとなんとものすごく良いタイミングで朝日新聞にTJWK関西の記事が掲載されました☆


先月、私個人でやっているニットカフェに取材に来て下さった方に、TJWKのことをお話したら、ぜひ記事にと仰ってくれました。
ブランケットを常設で数点置いてくださっているorioriさん、sufiさんにも丁寧に取材してくださり、プロジェクトのことでわからないことがあれば真っ先に連絡を下さり…ほんとに良い記者さんに巡りあえたなって感動しています。

記事は小さいながらも、ほんとにほんとにたくさんの反響がありました。すごくシンプルな文章と、素敵な写真。写真はorioriさんが協力してくださり、角度などあれこれ考えながら撮ってくださったそうです。記事はモノクロでしたが、「記事を読んで、なんて素敵な作品なんだと感動して…!」って注文してくださった方や、モチーフを編んで参加したいと申し出てくださった方…ほんとにたくさんのメッセージをいただき、おかげさまで土曜日までてんてこまいの日々でした。

そして、その直後、大阪日日新聞にも掲載されました☆
これはsufiさんがご協力して下さりました☆フライヤーの写真でもあるのですが、すごくいい写真(^^)
見えないところでいろんな方が動いてくださって、このプロジェクトは成り立っています。
ほんとに感謝感謝。

先週の土・日はsufiさんでTJWKブランケットの展示会を開催しました。
この2日間を振り返ると、ほんとにたくさんの人のやさしい気持ちに触れて…その方たちとの物語がぶわーって頭の中をよぎって、胸がいっぱいになってしまい、なにを書いていいのかわかりません。

その日の模様をルイスさんがtwitterで中継してくれています。
そのツイートを見て、またいろんな方の反応があってとてもおもしろいので、まとめて!ってお願いしたら、トゥギャッターにまとめてくれました☆

1.17-22のTJWK

これおもしろいよ。展示会で私たちがわーわー言ってるのと同時進行で、おうちでTJWK作品を繋いで下さってる方から「できたよー」っていうご報告があったり、福島県や東京にお住まいの方から「いきたーい!」という反応があったり… 
羽織ってくださっている写真は全部その方が買ってくださったものです。
私にとっては生きる糧になりそうなくらい、元気のでる、励みになる写真たちですわ。


そして、また例にもれず、ルイスさんが展示会のことをブログで書いてくださっています。
【TJWK】新作のお披露目&販売会を西天満のトルコ・キリム専門店「SUFi」さんで行いました。そして、このプロジェクトの「販売」というステップの素敵さについて考えたこと

本当に素敵なブログです。私のを読むくらいならこちらを読んでください(笑。でも真剣)
私の心に残っているたくさんのエピソードや感じたことはほとんど書いてくれています。

この2日間は特に、今までのイベントに来られたことのない方が、たくさんお越し下さったので、TJWKプロジェクトを一から説明することがほんとに多かったです。そして嬉しかったのが、それにちゃんと反応してくださったことでした。
物語をきちんと伝えること。私が、この9ヶ月間のなかで経験した、たくさんの方との物語を伝えること。私も話しながら、いろんな方のことを思い出しました。
モチーフを編んで下さった方、モチーフサーキットに来てくださった方、ブランケットミーティングに来て下さった方、制作チーム、広報、お店、糸やさん…素敵なエピソードを言うと後を絶ちません。
それだけだったら重たくて仕方がないかもしれないけど、目の前にある素晴らしい作品のおかげで、最終的に「で、どれが一番かわいい?どれが似合うかしら?」ってなるのがまたよいところ。作品は繋いでくださってる方の遊び心がいっぱいで、楽しい気持ちが伝わってくるんです。だからものすごく前を向いてられる。
作る人と買う人が向かいあっているのではなく、みーんなおんなじ方向を向いて歩いていってるかんじ。だからどんどん繋がるし、買って終わりじゃなくってまたそっから物語って続いています。今まではそれが理想だなって思いつつ自信がないから言えなかったけど、ちょっとずつその「続きの話」をお聞きする機会が増え、現実となっています。それがすごく嬉しいんです。

この日来てくださった方に、何がきっかけでご存知になられたんですか?とたずねると、3分の1くらいは朝日新聞(やっぱりすごい!!)であとは、びっくりするぐらいバラバラでした。誰かのブログだったり、友達がTJWKショールを羽織ってて…とか、カナダ経由もありましたよ☆

それはたくさんの方が、それぞれできることをして下さっているからです。
私は基本的に根性が曲がってて後ろ向きな性格なので(鋭意改善中)もし自分が違う立場だったら「私がしたところで…」なんて思ってしまうかもしれません。それってただ当事者意識がなく、自分が抱えるのがしんどいとか、目を背けてるだけで。そんなんやから、余計にこのプロジェクトで「生きててこんな思いができるんだ!」ってことばかりです。

sufiさんのオーナーであるオスマンさん&トモエさん夫妻はこの日のために、トルコ料理をふるまってくれました。トモエさんは寒空の中、お店の外でTJWKショール(トモエさんが、以前買ってくださったんです♪)を羽織って(しかも病み上がり)、おいしいおいしいスープを作ってくれました。それもあって、ご近所の方や、通りすがりの方、オスマンさんの合気道の先生(!)も来てくださったり、いつにもまして、いろんな世代の方が集いました。この素敵な夫婦のお人柄で、またTJWKのことも興味を持ってくださり、そこから売れたり繋がったり…逆に、なんでここまでしてくださるんだろうってなんか申し訳なくすら思ってしまって。だって感謝してもしきれないもの。
でもそんな顔をしてたらトモエさんが「平和のためやって!あははー!」って背中をばーんと叩かれました。その笑顔の清清しさといったら!
私がこのプロジェクトで一番、何よりも心を動かされていることは、ルイスさんのブログにも書いてあったけど、このプロジェクトに関わって下さってる方すべての人が当事者意識を持たれていることです。
ただ自分のできることを真剣にする。心を傾ける。きれいごとはなんぼでも言えるけど実際に動くのは難しいです。でもみんな、なんかできるんじゃないかなって、手を足を動かしてる。そのパワーにいつも背中を押されています。

忘れられない素敵な2日間になりました。
お越しいただいた皆様、ツイッターで遠くから応援して下さった皆様、関わって下さったすべての人に感謝です。


sufiさんもブログで書いてくださっています♪

「イベント初日!」
「ありがとうございました!」
「つづき…」

土曜日に駆けつけてくださったorioriさんも新作ショールを置いていただいてますよ♪

「tjwkのショール3点」












atricot作品集

| Think of Japan While Knitting | 22:23 | - | - | はてなブックマーク - 【TJWK】TJWKブランケット展示会@sufiさん このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト

atricot作品集

| - | 22:23 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク