京都を中心に活動するニット・アーティストatricot(アトリコット)のHPです。ニット作品やオリジナル手紡ぎ糸、ニットカフェ、レッスン動画、羊や糸紡ぎなどについて紹介しています。

atricot×knit ときたま羊
atricotのニット活動と、TJWK関西の情報を中心に、ぽろぽろと日々のことも。
<< 【TJWK】長崎のグラニー講習ご報告&keitoさんと伊賀市でグラニーバッグ講習会を開催します☆ | main | 【TJWK】TJWKマフラーの講習をはじめます。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


atricot作品集

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
【TJWK】keitoさんでのグラニー講習会
先日、長崎に引き続き東京のkeitoさんでグラニー講習会を開催しました。

それまでも、5月はイベント続きで、楽しみながら防災の知恵や技を学ぶイザ!カエルキャラバンにてTJWK関西のPRをしたり、毎月恒例のブランケットミーティングをしたり、りそな銀行の展示は北浜店から天六店にお引越ししたり…なにかと動きました。

先日「見にいったよー」という方も何人かいらっしゃいました。ありがとうございます☆

ブランケットミーティングはいつもバッタバタで写真を撮る余裕がないのですが、みかりーんさんがブログに書いてくださっています♪
ブランケットミーティングに参加しました

次回は6月30日に開催します。
作業はほぼ毎月同じですが、特にせっぱつまっているものから(笑)していただいています。布タグのハンコ押しや、紙タグに糸を通す、モチーフ送ってくださった方の枚数を記録したり、ブランケット作品を検品したり…本当にいろいろです。私はいつも、集まってくださるメンバーとお話しするのが楽しくて楽しくて、手を動かしながらいつも楽しい時間を過ごしています。楽しいといっても、楽しい話ばかりではなく、震災のこともよく話します。阪神で被災された方もたくさん参加してくださっているからで、当時のことこれからのこと、報道されてないあらゆること、世代を超えて話しあっています。あらためて共有することは決して無意味でないということを感じる、とっても有意義な時間なのです。



そして、5月17日(金)18日(土)は東京へ行って参りました。
TJWK関西のブランケットやクッションカバーを数十枚は繋いでくださっている森脇さんが同伴してくれました。森脇さん、ありがとうございます☆

3月にも展示会を開催してくださった東京は馬喰町にある、かわいい毛糸屋さん、keitoさんです。

スタッフの方も若くて、ニットもバリバリされる方ばかりなので、とても刺激になります♪
しかもみなさん、ほんとうにあたたかい方ばかりで、近所にあったら毎日通ってしまいそうです。

講習は満員御礼!キャンセル待ちの方もたくさんいらっしゃったようで、今回はご希望いただいた方全員にというわけにはいきませんでしたが、また機会があれば、ぜひ宜しくお願い致します!

講習の様子。
みなさま、それぞれにお好きな色目のものを選んでいただき作っていただきました。

展示のときにブランケットを飾っていただいていたソファーでも編んでくださっていました。絵になりますね♪


バッグの形になっていくと、どんどん楽しくなります。


およそ4時間ほどにわたる長時間の講習でしたが、作りながら、他の方の作品も「あ!その色も素敵!」などと声をかけあわれたり、「こないだはkeitoさんでこんなのを作りました!」と作品をお見せいただいたり、終始和やかな雰囲気でした♪

ツイッター(@atricot)でもできるだけそのときの様子をツイートしていたのですが、関西の方からも「その色かわいい!」とか「もうちょっとでできそう!」とか、たくさん声をかけてくださって、とても嬉しかったです。参加してくださっている方にも、もっともっとお伝えしたかったのですが、あまり伝えきれてなかったような…もっといい方法はないかなぁと考えています。

当日は時間的に持ち手をつけるところまではいけないので、どうしても帰ってから仕上げていただくという形になってしまうのですが、こうやってバッグの形になるまでみなさん仕上げてくださっています。

それぞれの個性があって、どれもほんっとにかわいいです♪

また、TJWK関西をはじめてからずっとツイッターでやり取りさせていただいていた方とやっとこお会いできたり、東京に転勤されてなかなか会えなかった生徒さんも駆けつけてキットを買ってくれたり、応援にきてくれた方もいらっしゃって…本当に充実した2日間でした。

当日の模様をkeitoさんのブログにも書いて下さりました☆
TJWK関西 グラニーバッグワークショップ レポ!

参加してくださった方もレポートしてくださっています。
編み物屋さん【ゆとまゆ】の編みブログ「モチーフ編みのグラニーバッグ
み。さんのブログ *月夜の晩に*「tjwk@keitoさんでグラニー講習会

ありがとうございます!!

まだ全部拾えてないかもしれません。もし私も書いたよ!という方がいらっしゃれば教えてくださいね♪


グラニーバッグキットの売上は全額あしなが育英会に寄付致します。

素敵な機会を与えて下さったkeitoさんはじめ、参加いただいた方々、応援してくださったみなさまに心よりお礼申し上げます。

********

帰ってからたまりまくっている仕事をこなすので精一杯の日々ですが、ちゃあこさんがこんなブログを書いてくださっていました。

TJWKに集まったモチーフたち

ボランティアだからこそ、人の想いを繋げるために、真剣に取り組んでいるという言葉は言うのはラクですが、実際は本当に手間のかかる作業です。規格外のモチーフをどうするかという話を私たちは当初から何度も何度も議論をしてます。せっかく編んで下さったものは使いたい。でも販売している作品も決して安くはないので、買ってくださる方にも満足していただきたい。なかには、モチーフを送ってくださった方のなかでも「使えないようなら破棄してくださいね。」というお心遣いをいただいたりするのですが(ちなみにそう言われる方のモチーフは大体とってもキレイです。)主要メンバーの根底には、「どんなモチーフも絶対に無駄にしない。」という気持ちがあるので、こちらから編んで下さるみなさまに、編み方なんとかしてくださいとか、もっとこうしてくださいというのは、ほとんど言ったことがないし言う必要もないと思っています。おーモチーフだけでタワーが作れるでというような分厚いものも、この方のモチーフ全部目数間違ってはるわーというものも、まずは個性として、どうしてあげるのが一番ベストかを、みんなで考えています。そうやってあれこれ思考錯誤しながら、グラニーバッグが生まれたり、いろんなアイデアが生まれました。
でも、実を言うと、当初私はそこまで考えが及んでなかったのですよ。とりあえず目の前のことに必死で、まったく手がつけられてないという状況でした。あるとき半泣きになりながら、ちゃあこさんに相談して、ちゃあこさんが「これはここんな作品にしてみたらどう?」と企画してくださり、それをすぐに形にしてくれる千手観音みかりーんさんに助けられ、考え方や方向性があってるのかどうかをルイスさんに相談し…と周りの方のおかげで、はじめてボランティアとはなんぞやというのを、身体で理解したような、そんなかんじです。ちょっと前かな、糸始末してないモチーフが届いて、ブランケットミーティングに来てくださっている方々がなにも言わずに手分けして持って帰ってくださって、次の月には、見違えるようなキレイなモチーフとしてやってきたのでした。使えなかったらほどいてもいいように思われたのかもね〜!って。今は素敵な作品になるべく、繋ぎ手さんの手に渡っています。こんな話は私の気づいていないところでもきっとあると思うんです。さりげなく糸始末をやり直したりとか、作品づくりの際に、最大限に活かせるような配置にするとか。どんな形であれ善意から生まれてきたモチーフたちだもの。大事に育てよう、次の人につなげようって、言う気持ち。ああ、もうほんとうに私は人に恵まれてるなぁと思いました。そういった人の心使いや思いやりに触れられる機会が増えたことも、私の大きな財産です。

そしてそして、そうやっていろんな方の手をぐるぐるとまわってできた、ブランケットの新作を近日アップいたしました☆

ブランケット大
ブランケット小
ショール

今回も力作ぞろいです☆
どなたかのお気に入りになりますように♪












atricot作品集

| Think of Japan While Knitting | 12:03 | - | - | はてなブックマーク - 【TJWK】keitoさんでのグラニー講習会 このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト

atricot作品集

| - | 12:03 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク