京都を中心に活動するニット・アーティストatricot(アトリコット)のHPです。ニット作品やオリジナル手紡ぎ糸、ニットカフェ、レッスン動画、羊や糸紡ぎなどについて紹介しています。

atricot×knit ときたま羊
atricotのニット活動と、TJWK関西の情報を中心に、ぽろぽろと日々のことも。
<< 死ぬまでに何枚のセーターが編めるか | main | 「棉」はわたになって種をとると「綿」になるんやって >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


atricot作品集

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
【TJWK】2015年度始動〜モチーフ募集を再開します。
 今日は毎月恒例のブランケットミーティングでした。

すっかりあたたかくなって毛糸に触るのはちょっと…
と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちは相変わらず毎月集まりせっせと作業を進めています。

先々月からコツコツ進めている内布100枚分の作業を引き続き進めました。
布にアイロンかける人、裁断する人、ポケットを縫う人、ダーツを縫う人、布タグを縫い付ける人…といったかんじで、あらゆる世代の女性が完全分業で作業する姿はまるで昭和の風景です。

さらに個人的には、女の人が集まって、手を(口は2倍)動かすという光景は全世界共通の手仕事の原風景だと思っているので、まさかそれをTJWKでできるとは!と感慨深いものでした。女子が集まってうだうだ編み物してる(これはこれで好きです)のとは、またちょっと違う、遊びと仕事の間の「手仕事」というのがミソです。

あまりのチームワークのよさに「我らチーム女工!」と配給されたブラウスともんぺを着て、仕事に臨みましょうと冗談ばかり言ってますが、ほんとにおそろしく早いスピードで、作業が進んでいます。おもしろいのが、私含め、洋裁が苦手な方が多いことです。もちろん、得意な方もいらっしゃって、彼女たちの細かい気配りや、厳しいチェックのおかげで成り立っているのですが、手を動かすのは初心者も上級者も変わりません。(むしろ初心者の方は丁寧なので本当にキレイに仕上げてくださったりします。)メンバーは毎回ちょこちょこ変わりますが、それでも作業のクオリティが変わらないというのは、みなさんの意識の高さのおかげだと思うので、本当にメンバーのみなさんには感謝しております。また、メンバーは随時募集といいますが、どなたでもご参加いただけるので、興味のある方はお気軽にお声かけてください。
それと平行して、製品の検品や新しいクッションカバーのコーディネートをしました
また新しい作品について、今年のイベントについての意見交換も。
今年は新しい場所でモチーフサーキットやワークショップをしたいと思います。

ただ、展示販売がとても難しいです。売り上げの全額寄付のために守るべきところは守ってきましたが、年々条件が厳しくなっています。そんな苦境のなかでもたくさんの奇跡が起こりましたが、今年もなんとかなりますように…

********

今年度の一発目のニュースは、モチーフが底をついてきたので(製品の在庫はいっぱいあるけどね!)また新しくモチーフを募集することに致しました。
HPに近日アップ予定です。
もしも、もしも編みためていて下さった方がいらっしゃればぜひ送ってください。
ただ、前述のとおり製品の在庫はあるので今すぐにたくさん必要というわけではないので、必死のパッチで毎日何十枚というノルマを課し、無理して編んでいただくことはありません。ですが、編んで下さることでまた繋がれたら嬉しいです。



atricot作品集

| Think of Japan While Knitting | 23:57 | - | - | はてなブックマーク - 【TJWK】2015年度始動〜モチーフ募集を再開します。 このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト

atricot作品集

| - | 23:57 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク