京都を中心に活動するニット・アーティストatricot(アトリコット)のHPです。ニット作品やオリジナル手紡ぎ糸、ニットカフェ、レッスン動画、羊や糸紡ぎなどについて紹介しています。

atricot×knit ときたま羊
atricotのニット活動と、TJWK関西の情報を中心に、ぽろぽろと日々のことも。
<< 【atricot】南三陸で編み物ワークショップをしてきました。 | main | 【TJWK】2015年度の決算のご報告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


atricot作品集

| - | | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
【TJWK】2015年度の売上全額をあしなが育英会に寄付してきました。
先日、2015年度の決算を終え、1年分で集まった金額79万5119円をあしなが育英会に寄付してきました。
今年度もこのためにほんとにたくさんの方にご協力いただきました。ありがとうございます。




いつもは2、3人で行くのですが、今回はできるだけたくさんのメンバーで行けたらと声をかけて、7人で神戸のレインボーハウスを訪れたのでした。
神戸のレインボーハウスは阪神大震災を機に震災遺児の心のケアを目的に建てられた施設です。東北のレインボーハウス(仙台、石巻、陸前高田の3か所です。)もほぼおなじ構造だそうなので、今回はみんなで施設の見学もさせていただきました。
私、ルイスさん、みかりんさんは初めて訪れたときにも見学させていただいたので4年振りでした。
そのときのブログ→ 【TJWK】あしなが育英会のこと


円形のソファでみんなが顔を合わせて、話をしたり、話を聞く「おしゃべりの部屋」や言葉にできない思いを体を動かして発散することができる部屋、一人になりたいときに使う部屋、ごっこ遊びができる部屋、音楽の部屋、アートの部屋などなど、子どもたちの心のケアを目的としたいろんな部屋があります。

熊本の地震の報道を毎日見聞きして、一時金にしては…という考えも頭をよぎりました。あしなが育英会のスタッフの方々も現地に行って調査をしているそうです。東日本大震災のときも一時金を渡すために広範囲に散らばっている震災遺児を探すのに奔走されていた話を思い出しました。メンバーと話し合いながら、私たちは続けていく、続けられる支援が強みなので長い目でできることをやっていくということで、この1年ご協力いただいたみなさんの意向とおなじ、東北レインボーハウスの運営資金にあててもらうようお願いしました。

決算のご報告は準備が整い次第、こちらでもあらためてご報告させていただきます。

atricot作品集

| Think of Japan While Knitting | 11:29 | - | - | はてなブックマーク - 【TJWK】2015年度の売上全額をあしなが育英会に寄付してきました。 このエントリーを含むはてなブックマーク
スポンサーサイト

atricot作品集

| - | 11:29 | - | - | はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク